忍者ブログ
ホワイトカラーエグゼンプション(ホワイトカラーイグゼンプション、white collar exemption、ホワイトカラー労働時間規制適用免除制度)について考えるブログ。ホワイトカラーエグゼンプション関係のあるの情報を集めてみました。
[6]  [5]  [4]  [3]  [2]  [1] 

スポンサーリンク


[PR]
Mon 11 , 20:03:00
2017/12
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

Sat 07 , 14:45:43
2007/04
ホワイトカラーエグゼンプションって、これでいいの?

ホワイトカラーエグゼンプションってことば
はじめてきいた
それは、この本にあったから

本日より「時間外・退職金」なし—日本マクドナルドに見るサラリーマン社会の崩壊 (単行本)
田中 幾太郎 (著)

単行本: 251ページ
出版社: 光文社 (2007/02)
ISBN-10: 4334934021
ISBN-13: 978-4334934026

こんなレビューもあった


人が使い捨てになる時代。。。, 2007/2/28
レビュアー: Papa-pan (東京都) -
本マクドナルドのここ10年ほどの変遷
(藤田社長による日本的経営→米本社支配による完全外資化)
をケーススタディとして、
正社員の労働環境がこれからたどるであろう道を示しています。

本書のポイントは非常に簡単です。
ホワイトカラーエグゼンプションや、
定年制廃止(または雇用延長)は、
導入されれば、低賃金・長時間労働といった
労働環境の悪化を招くが、
導入されないと、日本全体がグローバル化から
完全に取り残されてしまう。

まさに、究極の選択だということです。



内容的には、
既に世間で議論されていることを
焼き直したものですが、
日本マクドナルドのケーススタディは豊富に載っています。

あ、バリュー戦略(100円マックなど)は
こういういきさつで出てきたのだなとか。

また、全産業分野で
グローバル化を無条件に受け入れることが
本当に日本のためになるのか、
議論の余地はあると思いますが、
すでにグローバル化の影響は大きく出ており、
今後も鎖国しない限りは影響を免れないでしょう。

人が使い捨てになる嫌な時代の到来。
各個人が腹をくくって立ち向かう必要がありそうです。



サラリーマンとして考えなくちゃ
ホワイトカラーエグゼンプションがどんなもので、
サラリーマン生活がどうなるかを
PR
カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
フリーエリア
最新コメント
最新トラックバック
プロフィール
HN:
サラリーマン
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
アーカイブ
アクセス解析
ホワイトカラーエグゼンプションを考える (c)サラリーマン
template design by nyao
忍者ブログ [PR]