忍者ブログ
ホワイトカラーエグゼンプション(ホワイトカラーイグゼンプション、white collar exemption、ホワイトカラー労働時間規制適用免除制度)について考えるブログ。ホワイトカラーエグゼンプション関係のあるの情報を集めてみました。
[11]  [10]  [9]  [8]  [7]  [6]  [5]  [4]  [3]  [2

スポンサーリンク


[PR]
Mon 11 , 20:03:20
2017/12
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

スポンサーリンク


サラリーマンとは 2
Mon 16 , 00:18:57
2007/04
サラリーマンのイメージ


今日の職業人の殆どを占めるサラリーマン層に対しては、
マスコミや漫画などで様々なイメージが作られている。


典型的なサラリーマン像として描かれる特徴には
以下のようなものがあり、
小市民的な捉え方をされていることが多い。


決められた時間に会社に赴き、
決められた時間になると退社する

時々は残業を行う

堅実であるが、平凡で特技が無い

企業の業務・命令に忠実である。
もしくは逆らえない

サラリーマン同士の連帯感を強く持っている

飲酒、ゴルフ、マージャンを三大趣味とする。
これらは、仕事を円滑に進める上でも欠かせない

安定志向で、危機意識や向上心に欠ける
服装は仕事をするときにはスーツ(背広)

妻子のあることが多い。
よって家庭での役割は「父親」である。

仕事の最大の目的は
妻子を養うための収入の獲得とされる。

住宅ローン・家賃などの住居費に悩まされる
人物とされることが多い。

かつ家庭では父親としての
威厳に欠けた人物とされることが多い。

若さは既に失っている。

学生時代・青年期の価値観・ライフスタイル・
趣味等を引き継いでいない

サラリーマンは、
その生活基盤を特定企業に依存していることが多く、
これを揶揄して社畜(しゃちく・「会社の家畜」という意味)や
会社の犬と呼ばれる(自嘲する)ケースも見られる。


もとより、サラリーマンの実態は多様であり、
上記のようなステレオタイプに収まるものではない。

時代背景によってもイメージは変わり、
高度成長期のモーレツ社員や、
バブル期の栄養ドリンク片手に
午前様も厭わず世界をかけるビジネス戦士など
様々なイメージが作られている。

サラリーマンのイメージは世相を映す鏡と言えるかもしれない。

『ウィキペディア(Wikipedia)』
PR
カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
フリーエリア
最新コメント
最新トラックバック
プロフィール
HN:
サラリーマン
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
アーカイブ
アクセス解析
ホワイトカラーエグゼンプションを考える (c)サラリーマン
template design by nyao
忍者ブログ [PR]